若年性薄毛

若年性薄毛対策女性

女性にも発症しやすい若年性脱毛症。近年ではそんな悩みを持つ若い女性の相談が育毛専門サロンで増えていると言われています。まだ老化とは程遠いそんな歳でなぜ抜け毛や薄毛を発症してしまうのでしょうか。

 

若年性脱毛症──8つの原因とは

 

通常髪の毛は正しくヘアサイクルを繰り返し髪の毛が成長したり生え変わったりましす。若年性脱毛症は頭皮や毛母細胞の老化現象だけでなく他にも様々な原因によって正しいヘアサイクルを繰り返す事が出来ない状態になってしまいます。その影響で髪の毛が細くやせて抜けてしまったり、抜けた箇所の髪の毛が新しく生えてこなかったりします。そこで今回はそんなヘアサイクルの乱れから起きてしまう若い女性の若年性脱毛症の対策を原因とともにご紹介していきます。

 

1.過度なダイエット

過度なダイエットは若い女性にありがちのものですう。栄養不足や自律神経の乱れによって女性ホルモンや血行不良をを引き起こして若年性脱毛症の原因となってしまいます。
ダイエットをすることは決して悪い事ではありませんが何事にもバランスが大切です。ですから過剰に食事制限をするのではなく、1日一食程度我慢しあとの二食はしっかりと栄養をバランスよく摂る事が大切です。またそれに加え運動をすると頭皮環境にもよいですし、ダイエットにも効果的です。

 

2.間違ったシャンプーの選び方・使い方

シャンプー剤には強めの洗浄力のものもあると先ほどの記事でも紹介しました。そういったものが肌にあっていないと頭皮が荒れてしまい若年性脱毛症の原因となってしまいます。また1日のシャンプー回数も多いこともいけないのでシャンプー剤は地肌に優しいもの、シャンプーは基本1日のに一回というふうに改善しましょう。

 

3.パーマ・ヘアカラー

若いとどうしてもパーマやカラーリングを頻繁に繰り返してしまいます。パーマに含まれる1剤にはアルカリ性のチオグリコール酸やアンモニウムが含まれており髪の毛の内部の結合部を切り離しロッドで形付けたら再度2剤で結合させます。その切り離す歳の薬理作用が地肌によくありません。

 

またカラー剤にはジアミンというアレルギー物質が含まれており体調が悪い時にカラーリングをするとこのアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。アレルギー反応を起こすと地肌はもちろんお顔もパンパンに腫れ上がってしまう可能性があるため非常に強いお薬なのです。

 

対策方法は一つ、頻繁にこういった薬剤施術を受けすぎない、2ヶ月から3ヶ月周期にしたほうがよいです。

 

4.血行不良

喫煙は血行不良を招くということは皆さんご存知だと思いますが、髪の毛はこの血液から栄養を受け取り成長します。ですから血行不良は髪の毛の栄養不足を引き起こしてしまいます。また運動不足も血液の流れを悪くしてしまいます。血がドロドロになると流れにくくなりますよね?そういった事からも日頃の喫煙はできるだけ抑えよく運動する事が大切です。

 

5.ヘアスタイリング剤の使いすぎ

流さないトリートメントやヘアミスト、スプレー、ワックスなどあまり過剰に使いすぎるとそれが根元付近の髪にまで浸透してしまい地肌に悪影響を与える事があります。適量を髪の中間よりも毛先に向けて塗布する事が望ましいです。

 

6.ヘアスタイル

髪の毛の流れに逆らったヘアスタイルや常に引っ張りの力が加わるヘアスタイル。例えばポニーテールやお団子などヘアアレンジは毛根の疲弊する原因になります。これらのダメージは急にではなく徐々に現れてくるため1日のヘアアレンジしたら次の日は休むなど頭皮の休息日を設けてうまくアレンジしましょう。

 

7

.出産後


産後は女性ホルモンが急激に減少し抜け毛を引き起こしてしまいます。しかしこの場合あまり気にする必要はありません。なぜならばほとんどのケースで産後の抜け毛を発症してから1年程度で元に戻るからです。

 

こちらも参考になります。産後の抜け毛に効く!ママをハッピーにしてくれる産後育毛剤

 

8.薬剤の副作用

抗がん剤など薬の副作用により、抜け毛が増えることがあります。この場合は一時的なもので、薬の服用をやめることで自然に解消します。
抗がん剤など特別体に負担の強いお薬の副作用で髪の毛が抜ける事があります。この場合も一時的なものなのでまずはそのお薬で病気の治療を優先しましょう。

 

 

このように女性の若年性脱毛症はちょっとした事では防ぐ事ができます。ですから日頃の規則正しい生活習慣をお心がけてください。