若年性薄毛

若年性薄毛対策男性

生活習慣とヘアケア

 

最も薄毛の原因となってしまうのが日頃の生活習慣です。これは徐々に体の中に蓄積され或る日突然ドバッと髪の毛が抜けてしまう事になります。このような日頃のコツコツとしたダメージの回復には非常に時間がかかってしまいます。例えば睡眠時間や運動など血行やホルモン分泌のための大切な時間をおろそかにしてはいけません。
睡眠時間が短いという事は副交感神経がしっかりと休息をとる事が出来ず血管収縮の原因となります。また髪の毛が成長するための成長ホルモンの分泌も妨げられてしまいます。また運動不足は良質な睡眠をとる事が出来ません。1日のうちの運動量というのはその日の成長ホルモンの分泌にも関係してきます。ですから良質な睡眠=運動量とという事になります。

 

食生活

食生活は髪の毛だけでなく体の健康状態にも影響します。特に若い時はファストフードの食事に偏ったり、好きなものを好きなだけという傾向が強いのでこの食生活の改善はとても大切です。体の不調は髪の毛にも現れるため毎日の栄養素はしっかり吸収するとよいでしょう。例えば栄養が偏ってしまうと髪の毛に必要な栄養が足りていない可能性が高くなります。毎日の油っぽいものばかりとると頭皮がべたつきますし、それが抜け毛の原因となります。そして髪の毛をつくる材料不足となるため髪が痩せて抜けやすくなります。
タンパク質、ビタミン、ミネラル、などバランスよく栄養を摂る事をオススメします。

 

育毛促進剤を使用する

 

養毛剤

 

養毛剤は現時点である髪の毛に対して有効です。栄養補給剤と思ってもらってもよいでしょう。抜け毛を阻止したり痩せた髪の毛を健康的にするための栄養剤です。もしも抜け毛をすでに発症していたら養毛剤でなく育毛剤を使用します。

 

育毛剤

 

育毛剤は現在生えている髪の毛の維持や抜け毛防止のためにつかいます。要するに育毛=髪を育てるという事です。現在では育毛剤と発毛剤が混同しているものが多くありどちらを使っても似たような効果が得られます。

 

発毛促進剤

 

髪の毛を発毛させる、すでに頭部に髪の毛がない状態から髪の毛を作り出すものです。今現在は育毛剤との区別がつきづらいですが、医薬品で推奨されているのはミノキシジル成分です。これには血管拡張作用があり頭皮の血行が促進される事で毛乳頭細胞が活性され髪の毛が生えてくるというものです。通常育毛剤と併用してつかいます。

 

男性ホルモンを抑える

 

男性の場合は男性型脱毛症の可能性が高いため悪玉男性ホルモンを抑制する事が大切です。AGAの治療にはこの男性ホルモンを抑制するためのプロペシアと上記にあるミノキシジルで治療を行います。

 

若年性脱毛症の原因には様々な理由がありますが主にこれらの事を気をつけておくと対策できると思います。