若年性薄毛

若年性薄毛原因女性

若年性脱毛症の原因.

 

無理なダイエットによるもの

 

1 ホルモンバランスの乱れや
女性ホルモンが過剰なダイエットによってバランスを乱してしまいます。特にその中のエストロゲンが急激に減ってしまうと抜け毛を引き起こしてしまいます。

 

2 栄養不足
過剰なダイエットは体の栄養不足に陥ってしまいます。特に食事制限が激しいとそれだけ体が飢餓状態になってしまいたまに摂取される栄養は生命に関わる箇所に優先的に配られるため頭皮へ栄養が来る事がありません。そのため栄養が不足となった髪の毛は弱り抜けてしまします。

 

ストレス

 

ストレスが大きくなり発散できない事で自律神経が乱れてしまいます。今自律神経は女性ホルモンや血行のバランスをとるための大切な神経です。これが乱れると女性の髪の毛と関わりのあるエストロゲンの分泌や血行不良を起こしてしまい抜け毛を発症してしまいます。

 

カラーやパーマなどのダメージ

 

カラーやパーマは特に若い世代だと頻繁に施術すると思います。はっきり言ってそれら薬剤に含まれる化学物質は体に害になるものばかりです。いくらメーカー側が体に害にならないように作られていても使用頻度を間違えば抜け毛の原因となります。

 

頭皮や髪のケア

 

(1)シャンプー剤の選び方特に市販のシャンプー剤などに多く含まれる石油系の洗浄成分、例えばラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは洗浄力が高いのですがその分皮膚への刺激も非常に高い成分です。その成分が肌にあっていない事で薄毛の抜け毛や薄毛の原因となりますう。日本人に薄毛が増えたのも一説にはシャンプーが普及した昭和40年代以降からという説もあります。

 

(2)シャンプーの仕方ガシガシ爪を立ててシャンプーをすると気持ちよいのですがこの方法では頭皮が傷だらけになってしまい、そこから炎症を起こし菌が増え抜け毛へ発展します。

 

(3)スタイリング剤過度にスタイリング剤をつけすぎるのもよくありません。特にショートヘアの方などは毛先から根元までの距離が短いためスタイリング剤が地肌についてしまう事で抜け毛を起こしやすくなります。またシャンプーにも気をつけなければいけません。特にワックスなどは粘着力が強いためシャンプーをしても落ちていない事があります。

 

(4)ヘアスタイルによるもの若い女性に多いヘアアレンジですが例えばお団子やポニーテールなどは髪の毛を常に引っ張るためその影響で地肌がダメージを受け髪が抜けてしまう事があります。これを牽引性脱毛症とも呼びます。またコテやアイロンも引っ張りの力を加えるため長期目線で見れば毎日するのは危険です。

 

(5)血行不良タバコもそうですが運動不足なども血行不良の原因です。髪の毛は血液から栄養をもらい成長しますが血行が悪くなるとこういった栄養素を十分に受け取れなくなってしまいます。

 

 

まとめ

 

このように頭皮が薄毛になる理由は沢山あるのですが、若い女性にはもう一つ悩みの種が。薄毛を発症しているということは頭皮環境が乱れているということ。頭皮がたるみお顔の肌までたるむ結果に。そうすると髪は薄いしお顔はたるむしで、老けて見られてしまうのは必須です。