若年性薄毛

若年性薄毛男性原因

若年性脱毛症とは若い世代10代や20代の脱毛症が本来発症するはずのない世代に起きる脱毛の事をまとめて若年性脱毛症と呼んでいます。そのためその原因もさまざまで例えば若い時のAGAや皮膚疾患による抜け毛も若年性脱毛症と呼ばれています。ただし正式名称があるものはその名前で呼ばれている事がほとんどです。円形脱毛症や脂漏性脱毛症など。またこれらの脱毛症は表面的なものだけでなく髪の毛が抜けるという事は体の病気の可能性もあるためひどく髪が抜ける場合は一度医者に行くと良いでしょう。

 

若年性脱毛症の原因

 

さて一般的な若年性脱毛症の原因とはどのようなものかをご紹介します。
ストレス一時的に抜け毛が増加する場合、人間関係のストレスや心的不安など、精神的な不調が脱毛の原因になっている場合が多いようです。

 

一般的に髪の毛が抜ける時はストレスが原因とされています。精神的な疲弊は自律神経を乱します。自律神経は性ホルモンや血行など様々な分泌物を調整する箇所なのでそれが乱れる事で薄毛を引き起こす可能性があります。

 

男性ホルモン男性らしい体つきをつくる男性ホルモンですがこのホルモンのなかのテストステロンはジヒドロテストステロンに変化する事でその10倍の作用をもたらします。体の筋肉などが発達するのもこのおかげなのですが、このジヒトロテストステロンは薄毛にも関係しておりこの作用が強すぎる事で若い世代でも薄毛AGAを発症する可能性があります。

 

その他の疾患その他にも内臓機能の疾患や免疫疾患、甲状腺ホルモンの乱れるなど様々なな原因が考えられます。先ほども説明しましたがもしも急激な抜け毛がある場合は医者に診てもらうようにしましょう。

 

若年性脱毛症の特徴AGAが生え際や頭頂部から薄くなるのに対して若年性脱毛症の場合は全体的に薄くなる事があったり円形脱毛症などの症状が出る場合もあります。ですから全体的に薄くなればびまん性脱毛症、一箇所に集中的に薄くなれば円形脱毛症、生え際や頭頂部から薄くなればAGAという区別がつけられます。

 

でも若いためできるだけ医療機関に一度見せたほうが無難です。

 

若年性脱毛症の対策方法様々な原因が若年性脱毛症の場合かんがえられますが本来はそれに合わせた対策が大切です。しかし体に何の不調も感じられない場合は次のような事を心がけて生活をしてみるとよいでしょう。

 

1 頭皮ケア
2 栄養補給
3 十分な睡眠

 

これらは髪の毛だけでなく体の健康にも関わる事なので実践しても悪いものではありません。